public

Loading...

Road Map Final _ Japanese

published by South Island School

Want to create a visual like this?

Get Started
教育計画
学校は7年間の教育から成り立っています。 小学校1年生から6年生の後、7年生として入学し、13年生で卒業します。
学校
紹介
カリキュラム
学校生活
生徒のコメント
保護者のコメント
保護者への入学説明会(六月)
小学六年生のための入学準備プログラム
7&8年生の学習
7、8または9年生では試験の為ではなく、基礎的な学習方法を身に付け、学習そのものを楽しむ期間です。もちろんテストや課題はありますが、これらは公の記録として示されるものではありません。
7年生時には全ての生徒が同じカリキュラムを学習します。
YEAR 7
Term 1
Term 2
Term 3
Student Led Consultations*
ただし、言語と数学に関しては学校ポリシーに則って選択されます。
言語ポリシー
数学ポリシー
カリキュラム説明会
Academic Monitoring Day*
8年生でも同じカリキュラムを継続します。
YEAR 8
ただし、9年生からの学習に向けて、言語の選択が8年生時に行われます。
9年生時の言語選択については、保護者説明会にて詳細が説明されます。
Student Led Consultations*
Term 1
Term 2
Term 3
Academic Monitoring Day*
9年生の時点で、やや差異化を図ったカリキュラムを学習し始めます。
YEAR 9
GCSEの科目選択についての重要なプログラムとなります。
生徒のGCSE科目選択過程への、保護者の皆さまの積極的な参加をお願いします。
保護者説明会
Options Evening*
Subject Fair*
Student Led Consultations*
Term 1
Term 2
Term 3
Academic Monitoring Day*
オプション説明会について
10・11年生はGCSE/IGCSE(International GCSE)の準備期間として設けられた二年間のコースです。
YEAR 10
Student Led Consultations*
Term 1
Term 2
Term 3
Academic Monitoring Day*
YEAR 11
Parental Information Evening
Subject Fair*
Student Led Consultations*
生徒のIB科目選択過程への、保護者の皆さまの積極的な参加をお願いします。
IB履修に向けての大きな準備プログラムがあります。
Options Evening*
Term 1
Term 2
Term 3
Academic Monitoring Day*
オプション説明会について
GCSE試験
5月
YEAR 12
12/13年生はIB*BTEC*の準備期間として設けられた二年間のコースです。
Student Led Consultations*
また、進路相談のためのプログラムも準備されています。
希望大学の選択、決定に伴う過程での積極的なディスカッション参加をお願いします。
Term 1
Term 2
Term 3
Academic Monitoring Day*
YEAR 13
Student Led Consultations*
Term 1
Term 2
Term 3
Academic Monitoring Day*
13年生高等教育アプリケーション冊子
コースワークかポートフォリオの成果による評価(試験無し)
IB試験
5月
保護者の中には「The 6th Form」という表現を耳にされることがあるかもしれません。これはIBでの12/13年生相当学年としての呼び方で、現在でも時折使われることがあります。
アドバンスディプロマはBTECレベル3の資格です。この資格はIB、及びAレベル(イギリス)と同等の資格です。
サウスアイランドスクールにおける過去七年間の日本人生徒進学状況
----------------------------------
MaD Week
10月のある一週間が充てられます。全生徒が香港内外で様々な活動を行います。CASに基づいたものであり、7年生から行ってゆくことでディプロマを始める前から創造性を養い、奉仕活動やスポーツをする機会が与えられます。
----------------------------------
科目フェアでは、選択可能である科目についてもっと深く探ることのできる機会が与えられます。幾つかのスピーチもありますが、保護者方は科目担当の先生方に、より詳しい話を伺うことが可能です。GCSEを翌年に控えた9年生とディプロマ前年の11年生が対象となります。科目選択をするまでに至る過程についての説明も、同学年に行われます。
これらは、科目を選択するにあたってとても重要な情報を得る機会になります。選択、締切期限やそれらに関与する書類についてプレゼンテーションやスピーチという形式で説明されます。保護者はお子様の選択に承諾し通常は書類にサインをする必要があります。説明会で使用される資料は当校のホームページで入手することができます。説明会は9年生(10年生からのGCSEの科目選択)そして11年生(12年生からのIB/ディプロマのコース選択)が対象となります。
全学年の生徒が一年に一度、学習の発表を行います。これは担当教師と生徒がこれまでの学習経過を吟味し、話し合う機会です。このセッションは5-10分ほどです。 発表会は生徒が主導で行われ、教科担当、学級担当そして保護者の皆さんへこれまでの成果や学習内容を説明していきます。
Academic Monitoring Day
Student Led Consultations 生徒による発表
*用語解説
----------------------------------
学級担任と生徒・保護者間で生徒の学習について話し合う日。その日は成績表やその他の情報を使い、生徒自身が自己の学習を振り返る機会でもあります。Academic Monitoring Dayの目標は、生徒が自身の学習目標を設定したり、現状での問題点や不安事項を話し合い、解消することにあります。 学級担任と予約をした15分を用い、個別面談を行います。 面談予約はBooking System でできます。保護者の同伴が不可能な場合も、生徒が出席することは必須となっています。
Options Evening 科目選択説明会
Subject Fair 科目フェア
GCSEはGeneral Certificate of Secondary Educationの略語であり、中等教育の終了時に16歳で受ける統一試験です。 IGCSEもGCSEと同様な統一試験ですが英国の背景知識を知る必要を無くした、海外の生徒により適した試験です。
GCSE / IGCSE
BTEC
BTECとはBusiness and Technical Education Councilの略で、二つのレベルで取れる職業認定資格を指すものです。他のディプロマに比らべコースワークが中心的になります。筆記試験で審査されるのを好まない生徒に向いたディプロマですが、だからといってより簡単である訳ではありません。
----------------------------------
IB
サウスアイランドの83%の生徒がインターナショナル・バカロリエ(IB)ディプロマを履修しています。国際的に認識された大学入試資格で、アメリカ、カナダ、イギリスやオーストラリアでは重要視されています。12/13年生の2年間に渡るプログラムです。 高度な学習内容であり、生徒は6科目を履修します。一般的には第一言語、第二言語、数学、科学、人文学と芸術からの選択となります(全科目はこのリストから)。 6科目中3科目はハイヤーレベル、3科目はスタンダードレベルから選択します。同時に自主活動、知識論(Tok)と4000字から成る論文作成も課せられます。最大得点は45点(各科目7点満点、プラスTokと論文の合計最高得点3点)。
----------------------------------
中等教育後の教育を示す単語です。大学(大学院を含む)や専門学校などで行われている教育の事です。
Higher Education 高等教育
Mock Test 模擬試験
本番に向けての練習を兼ねた試験で、通常は本番の少し前に実地されます。例)11年生では5月の試験に向けて12月に模擬試験が行われます。生徒担任の先生によって採点され、具体的にどの部分に改善の余地があるかが明白にされ、本番前の効果的な準備になります。
----------------------------------
CAS
創造性、活動、奉仕。IBプログラムをするにおいて不可欠なコースであり、教室外での様々な活動によって生徒たちをより養います。二年間のディプロマの過程で、自らが行った活動の一つ一つを振り返り、記録して行きます。CASを完了しなかった場合、IBディプロマを習得できなくなります。
----------------------------------
----------------------------------
時間割内で、異なった分野にある科目を総合させる授業のことを指します。違う科目における知識を融合しそれぞれの関わりを理解することが目標です。これに加え、どの教科にも当てはまる個人に合った勉強方法もこの授業内で模索していきます。例)「引力」というコンセプトは科学、人文科学、技術、言語など様々な科目と関連づけることが可能です。
Inter-Dのコース内に含まれており、エクササイズを中心とした授業です。エクササイズは集中力の向上へとつながる事が科学的に証明されています。低学年を対象に実地しています。エクササイズを通してグループ活動、会話技術を養います。
Inter-D
SPARK
----------------------------------